Colocasia esculenta 'Diamond Head' (太郎)

Colocasia esculenta 'Diamond Head' (太郎)

太郎「ダイヤモンドヘッド」、象耳「ダイヤモンドヘッド」


Colocasia esculenta 'Diamond Head' (Taro) は、主に壮観な葉のために栽培された、塊茎の、霜に弱い多年草で、茎が長く、厚くて光沢があり、ハート型で、チョコレート色で波立たせられた葉があり、長さは最大 15 インチ (37 cm)。空を指すクワズイモの葉とは異なり、コロカシアの葉は垂れ下がって地面を指します。オランダカイウの花を連想させる花は、黄緑色の仏炎苞と肉穂花序で構成されています。それらは特に派手ではなく、めったに生産されません。 「ダイヤモンド ヘッド」は手間のかからないトロピカルで、忘れられない焦点となり、最も明るい植物にとって魅力的な背景を作り出します。

  • 高さ 4 フィート (120 cm)、幅 3 フィート (90 cm) まで成長します。
  • で最高のパフォーマンスを発揮 日向または半日陰有機的に豊かしっとり~しっとり 土壌 .装飾的な葉を強風から保護するために、保護された場所を提供します。太陽の下で最高の葉の色の生産。
  • 象の耳は水と栄養素が大好きです。特に乾燥した夏の時期には、定期的な水やりが必要です。生育期には定期的に肥料を与えてください。餌を与えれば与えるほど大きくなります。最大 6 インチ (15 cm) の静水域に植えることができます。
  • 標本として、またはグループでの使用に最適 ベッドと国境 、 近く 小川と池 または大きく コンテナ .
  • 一般的に無病。グラスハウスアカハダニ、アブラムシ、グラスハウスコナジラミに注意してください。
  • 調理せずに摂取すると、すべての部分が軽度の胃の不調を引き起こす可能性があります.
  • 犬に有毒、猫に有毒、馬に有毒。
  • 熱帯東アジア原産の Colocasia esculenta 種は、奴隷の食用作物として最初にアメリカ大陸に持ち込まれました。その後、ジャガイモの代替作物として宣伝されました。 Colocasia esculenta は、湿った場所から乾燥した場所まで広範囲に耐えることができ、湿地の端、湿地、黒水の流れ、河川林に容易に侵入することができます。
  • この種が米国で侵略的である場所を見つける .
  • 美しい米国在来植物の代替品を発見する .

見事な象の耳を植え、手入れし、育てる方法を学ぶ

ゾウの耳を連想させる劇的な葉のために栽培されることが多いコロカシアとアロカシアは、非常に柔らかい多年草で、強い観賞用の関心をもたらし、庭やコンテナで熱帯地方の雰囲気をすぐに味わうことができます.信じられないほどエキゾチックなその建築的な形状は、焦点植物として植えたり、まとめて熱帯効果を生み出すのに最適です。成長しやすく、いくつかの基本的なルールが守られていれば、誇り高く大胆に育ちます。続きを読む


要件

丈夫さ 7 – 12
ヒートゾーン 8 – 12
気候帯 12、16、17、18、19、20、21、22、23、24、H1、H2
植物の種類 水草・球根・多年草
植物科 コロカシア - 太郎
暴露 フルサン、パーシャルサン
興味のある季節 春(早・中・遅)
夏(前期、中期、後期)


身長 3' – 4' (90cm – 120cm)
展開する 2' – 3' (60cm – 90cm)
間隔 36フィート(90cm)
水のニーズ 平均、高
メンテナンス 低い
土壌タイプ 粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、中性
土壌排水 湿っているが水はけがよい、水はけが悪い
特徴 派手
許容範囲 湿った土
庭の用途 ベッドとボーダー、ボグ ガーデンズ、パティオとコンテナ、池と小川、レイン ガーデンズ、ウォーターガーデン
ガーデンスタイル 地中海の庭

Colocasia のガイド - Taro