Prunus 'Kursar' (開花桜)

Prunus 'Kursar' (開花桜)

開花桜 'Kursar'、桜 'Kursar'


小さな庭に最適な Prunus 'Kursar' は、早春に直径 1 インチ (2 cm) の鮮やかな濃いピンク色の受け皿型の花の群生を誇る小さな落葉樹です。裸の枝に沿って豊富に生まれ、強烈な色のしぶきを与え、息をのむような花のディスプレイを提供します.花が散ると葉が出てきます。最初は銅色のブロンズで、卵形の葉は濃い緑色に変わり、秋には鮮やかなオレンジ色に暖まる前に新鮮な夏のキャノピーを作ります.コリングウッド・イングラム船長が交配させたもので、彼はそれが Prunus nipponica var. kurilensis と Prunus sargentii、したがって kur-sar。しかし後に彼は、それが Prunus sargentii ではなく、Prunus campanulata であることを発見しました。名前変えるの遅すぎ!芝生の見本になり、限られたスペースの庭に最適な、2つの季節に興味のある小さな日本桜。

  • 権威ある賞の受賞者 庭園功労賞 王立園芸協会の
  • 通常、高さと幅が 10 ~ 15 フィート (3 ~ 5 m) まで成長します。
  • で最高のパフォーマンスを発揮 満天の太陽しっとり比較的肥沃水はけのよい土壌 .
  • として完璧な選択 単一標本植物混合国境芝生、コンテナ。
  • ススキ葉が気になる場合は真夏に剪定
  • イモムシ、葉を採食する蛾、ウソ、ススキの葉、バクテリアの潰瘍、花のしおれに注意してください。
  • 出芽または接ぎ木によって繁殖しますが、底熱のある初夏の針葉樹の挿し木は成功する可能性があります.

要件

丈夫さ 6 – 8
ヒートゾーン 6 – 8
気候帯 3、3A、3B、4、5、6、7、14、15、16、17、18、19、20
植物の種類
植物科 サクラ - 花木
暴露 満天の太陽
興味のある季節 春(初)

身長 10' - 15' (3m - 4.5m)
展開する 10' - 15' (3m - 4.5m)
水のニーズ 平均
メンテナンス 低い
土壌タイプ チョーク、粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、アルカリ性、中性
土壌排水 しっとりだが水はけのよい、水はけのよい
特徴 功績の植物、派手
引き付ける
庭の用途 ベッドとボーダー、小さな庭園
ガーデンスタイル 都市と中庭、非公式とコテージ、日本庭園、草原と牧草地、トラディショナル ガーデン